痛くない麻酔・怖くない麻酔

当院では麻酔科専門医監修のもと、痛くない麻酔・怖くない麻酔を実施しております。

痛くない麻酔
局所麻酔は効いてしまえば痛くないですが(歯医者さんの麻酔と同じ)注射が痛くそれが苦痛だと思います。リンパ浮腫減量術では広範囲に局所麻酔を行う為に、以前から麻酔方法が悩みの種でした。
麻酔科医と検討の末、「ドリップ局麻法」を採用しています。写真のように減量すべき部位(写真だと内膝)に点滴針を刺して点滴を落とすように局所麻酔薬を皮下に浸して行きます。
5分ほどで施術部位に局所麻酔が浸されると、手術が可能になります。
痛くない麻酔
怖くない麻酔
上記のドリップ局麻法が終わると、起きたままでも手術が可能ですが、音が聞こえたり、触られてる感覚が心地悪かったりしますので、静脈麻酔で入眠になると、施術が快適に感じると思います。
静脈内点滴(通常の点滴)から眠剤を持続的に投与し、軽い入眠をしていただきます。持続投与を中止すると数分で目が覚める切れが良い麻酔薬を使用していますので、日帰り麻酔にも最適です。足の手術ではありますが、手術後は徒歩で帰宅できます。(但し長時間の電車は難儀だと思いますので、遠い方は近くのホテル等に一泊を手配致します)
怖くない麻酔

ページの先頭へ