下肢静脈瘤は血管内カテーテルで治療できます

流れが悪くなってしまった血管を熱でふさぐ「血管内カテーテル治療」
・血管内カテーテル治療とは、細い管(カテーテル)を静脈瘤になった血管の中に入れて、内側から熱を加えて閉じる治療です。
・熱によって静脈は固くスジのようになり、徐々に吸収されてなくなります。
・カテーテル治療なので日帰りが可能となり、従来の血管をひきぬく手術のように入院は不要です。
・血管内治療には高周波(ラジオ波)治療とレーザー治療があります。現在では両方とも保険適用されています。当院では治療の確実性の高い高周波治療を行っています。
カテーテル治療 5つのメリット
・痛みがほとんどない
・傷口がほとんど目立たない
・入院不要、日帰り治療ですぐに帰れる
・副作用が少ない
・治療時間が15〜60分と短い

治療の流れ

足を開いてベッドに横になります

写真

治療する血管に印をつけていきます


写真

消毒をし、清潔な布をかけます


写真

麻酔をした後にふくらはぎに針を入れます


写真

細いカテーテルを使います


写真

ふくらはぎからカテーテルを挿入します


写真

麻酔の注射を血管の周囲に注入します


写真

カテーテルから高周波が発生し血管を焼いていきます


写真

治療直後の状態ですが、出血などほとんどありません


写真

内出血を予防するために包帯を巻きます


写真

ストッキングを着用してそのまま歩いて帰れます


治療の詳細はこちらの動画を御覧ください。

ページの先頭へ