下肢静脈瘤治療後の再発静脈瘤について

下肢静脈瘤治療後の再発静脈瘤とは?
近年テレビや雑誌などで「下肢静脈瘤」が取り上げられることが多くなりました。更にレーザー治療やラジオ波治療などの治療法が発達し、保険治療として認められたことにより、多くの施設で下肢静脈瘤の治療が行われるようになってきました。しかし、残念なことに下肢静脈瘤の知識や治療経験の少なさから、数例の症例経験だけをもとに開業したりする場合が増えているため、数年で焼灼したはずの血管が再疎通してしまい、元の静脈瘤のタイプとはまた違った複雑なものが出現する場合があります。根治的治療がしっかりと施されれば再発の危険性は非常に低いのですが、残念ながらある程度の割合で再発することがあります。原因は、以下のように複数あります。

再発静脈瘤の原因と種類

不十分・不適切な治療
下肢静脈瘤治療の際、患部を十分に治療しきれなかった、または別の血管を除去してしまったなど、不十分・不適切な治療がおこなわれてしまった場合は再発による弊害のみならず、治療前より症状が悪化してしまう場合もあります
分枝した血管の残存
高位結紮(けっさつ)術という下肢静脈瘤の治療で行われる手術の際に、分枝静脈が一部残存し、その部分が再発して下肢静脈瘤を発症してしまう場合があります。
手術の刺激による血管新生。
ストリッピング手術などの血管を引き抜く事による刺激で、手術部位の周囲に新たに細い静脈ができる場合があり、これを血管新生と言います。レーザーなどの血管内治療では血管内の焼灼のみで引き抜いたりしないため起こりません。血管新生による再発例は複雑な形態をとることが多いため、治療が難航する可能性があります。
新しい静脈瘤
もともと複数の伏在静脈やその分枝静脈があるため、治療した患部とは別に新たな下肢静脈瘤が発症してしまう可能性は低くありません。不全穿通枝によって表在静脈に逆流をきたす血管が発生することもあります。

再発静脈瘤の治療方法

既往歴の問診
最初の治療がどのようなものであったか聞くことが重要です。患者さんが医師より聞いていた治療と異なる治療が行われていることもありうるからです。 超音波検査 最も大切なのは、正確な術前診断です。手術後の静脈は元の走行や状態が変わってしまっているため、超音波検査で現在の静脈の状態を知る必要があります。 血管内レーザー焼灼術・硬化療法 レーザー焼灼術のみであったり、硬化療法単体での治療、またはレーザー焼灼術と硬化療法の併用をする場合などがあり、症状に合わせた治療を行なっていきます。
切らずに治す硬化療法
最初の手術で太い静脈が治療されているので、再発しているのは細い静脈であることがほとんどです。そのため、再発した静脈瘤に再び手術が必要な事はそれほど多くはないので、多くは硬化療法という注射で治療する事ができます。硬化療法は液体ではなく、泡状に変化させて注入が行われるようになったので、重度の再発例も硬化療法だけで治療が可能です。硬化療法は薬を静脈に注射するだけなので、体への負担も少なく日帰りで治療できます。もちろん高齢の方でも安心して治療を受けていただけます。
血管内レーザー焼灼術+硬化療法
再発した静脈瘤に手術を行う場合は、前回の手術の影響によって血管の周囲が硬く、出血しやすくなり十分な治療が行えない場合があります。特に高位結紮術後の鼠径部の再手術は、重要な血管が密集しているため非常に難しくなるため血管内レーザー治療と硬化療法を組み合わせた治療が適応になります。ストリッピングや高位結紮の時のように鼠径部をまったく切らずに治療ができるため、安全に治療ができます。
再発静脈瘤でお悩みの方へ
再発静脈瘤による新生血管は一旦生じると完全に治療することは難しくなりますが、このような場合でも教科書通りのレーザー焼灼術や硬化療法を行うのではなく、それぞれをいかに応用して丁寧に治療をするかに掛かってきますので、「再発静脈瘤はもう治らないのではないか?」とあきらめないで是非ご相談いただければと思います。表参道静脈瘤クリニックでは再発静脈瘤に関して、各地より治療に来られています。深部静脈に問題がなければ対応可能な場合が多いので、治療出来ないと断られた方は是非一度ご相談ください。

ページの先頭へ