硬化療法


網の目やクモの巣のような足の静脈瘤や、皮膚の上から透けてみえる細い静脈、レーザー治療の適応にならない静脈瘤に対して有効です。
硬化剤を注入し、下肢静脈瘤そのものをつぶして治療する方法です(硬化剤は血管の内側をくっつける「のり」のような効果があります)。
注射した血管は時間とともに退化し、小さくなります。最後には体内に吸収され、ほとんど目立たなくなります。この血管はもともと流れが悪い血管ですので、無くなっても全く害はありません。

治療後はストッキングを1ヶ月ほど着用していただきます。
1〜6ヶ月で静脈瘤は消失し、症状が改善します。1回の治療にかかる時間は5〜10分で、数回の治療が必要な場合があります。
硬化剤にはポリドカノールというお薬を使用しますが、これはもともと局所麻酔剤として開発されたため、注入するときにも痛みが少ないというメリットがあります。
下肢静脈瘤の大きさや血管の太さによって適切な濃度のものを使用いたします。
硬化療法をお受け頂ける下肢静脈瘤は、網目状やクモの巣状と呼ばれる中等度の静脈瘤となります。

ページの先頭へ