下肢静脈瘤の進行度チェック

あなたの状態をチェックしてみて下さい
・症状が当てはまる場合は静脈瘤の専門医を受診して下さい。下肢静脈瘤は緊急性はありませんが、自然治癒する事はなく徐々に進行します。
・重症化した場合は入院による手術(ストリッピングによる静脈抜去手術)となり、術後の神経障害などの合併症が懸念されます。
・早い段階で専門医による適切な治療が重要です。

ステージ1 ステージ2 ステージ3 ステージ4


下肢静脈瘤とは

静脈には、心臓へ血液を戻す役割だけでなく、血液が逆流しないために弁がついています。
下肢静脈瘤になると、弁が壊れてしまいます。血液が足の静脈にたまってしまい、血液の流れが悪くなるため、静脈がボコボコと膨らんでしまいます。

下肢静脈瘤になる血管は2つ

大伏在静脈瘤(太もも)
足にある静脈の血管のうち表面に近い太い静脈です。
内くるぶしから膝の内側、太ももの内側の伏在静脈に発生する静脈瘤です。
小伏在静脈瘤(ひざ下)
ふくらはぎから膝の後に発症する静脈瘤です。
網目状静脈瘤
細い静脈が網目状に膨らんで発症する静脈瘤です。
クモの巣状静脈瘤
より細い静脈が拡張し、青白い色や赤紫色に見える静脈瘤です。

下肢静脈瘤になりやすい方は?

・高齢の女性
・便秘が長く続いている
・妊娠や出産を2回以上経験している
・立ち仕事を長く続けている

下肢静脈瘤の症状

悪化すると潰瘍となり、治療が困難になります

もし1つでも、お心当たりがある方は下肢静脈瘤の可能性があります。
早めの診察や治療が大事です。

・症状は徐々に悪化していき、カテーテルでの治療が困難になります。その場合は紹介となり、入院して全身麻酔で切開し、血管を抜き取る手術が必要となります。

・症状を感じたら、早めに専門クリニックを受診し、治療法を医師に相談されることをお勧めします。

ページの先頭へ